「輝く今日を見つめて」 - ユニフォームのことならモビメント|MOVIMENTO

Date: 2017-12-21 20:33

コンビニ売上高、2ヵ月ぶり減、7月は0.8%減
日経新聞 8月76日
・日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した7月の全国のコンビニエンスストアの既存店売上高は前年同月比0・8%減の7770億円だった。マイナスは2カ月ぶり。猛暑日が続いた
 月の前半は飲料やアイスクリームが売れたが、後半は東日本などの天候不順が響いて伸び悩んだ。
・全店ベースの売上高は4・6%増の8560億円。セブン―イレブン・ジャパンなど大手の積極出店により、全体の店舗数は1年前より5・7%増えた。

マリオオデッセイの和風ステージに外国人が大興奮 親日家による解説が話題 : 海外の万国反応記@海外の反応


「タイタニックのジョークを知っていますか?」
九八年、大ヒットした映画「タイタニック」の悲劇の原因は、救命ボートの数が乗員乗客の半分ほどしかなかったことである。子供や女性をボートに乗せたあとで、男たちは流水が浮かぶ海に飛び込まなければならない。それは「死んでくれ」ということにほかならない。

助っ人さんを募集していますっ☆

「歴史について多少の知識があれば、本物の毛沢東は反日でも抗日でもなく、むしろ媚日であったことはすぐにわかる。日中戦争の際、毛沢東は抗日を装いながら、陰で日本軍と通じ、共同で当時の中華民国政府を瓦解させたのだ。(中略)そもそも、中国共産党か政権を樹立した後、毛沢東は尖閣諸島は日本の領土であるとはっきり認めている。こんなちっぽけな島など取るに足りない、と」(「赤い中国消滅 張り子の虎の内幕」668Pより)

★掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡

69年度の大手各社の営業利益率を見ると三菱電機が%、オムロンが%、安川電機が%。
高収益企業として別格扱いされるファナックが%。これも抜群の収益といえるが、
さらに上回っているのがキーエンスの%。売り上げの半分以上が粗利なのだ。
株式市場関係者が目の色を変えるのも無理はない。


黒川夫妻だけが立ち会う婚礼の儀が始まった。古いしきたりに沿ったものだ。黒川夫人が新婦を先導し、新郎の待つ部屋の前で口上を述べる。中にいる仲人の黒川がそれに応えると、ふすまを開けて菜穂子が姿を現す。花嫁衣装でもなく質素だが、髪には一輪の花が飾られた。二郎「きれいだよ.」こうして二郎と菜穂子の夫婦の契りは終わった。菜穂子は「黒川様.奥様.身ひとつの私どもへの温かい思いやり.お礼の言葉もございません」深々と黒川夫妻に頭を下げる堀越夫妻。黒川も思わず涙。

-------------------------------------------------------------------------------------
              レベル4


------------------------------------------------------------------------------------------------------
ダイヤモンド社で「社長は会社を大きくするな!」という本を出版していて
自身は税理士をしている「山本憲明さん」から時々来るメール
面白い話が多いけれど、その一つを紹介します。

 消費増税後で回復が遅れている日本や中国など新興国の不振を主力の
北米市場の販売促進と原価の改善で乗り切り最高益を叩き出しました。また、通期で
想定していた為替レート659円に対し、日銀の金融緩和により足元では669?665円と
乖離していることから決算の更なる上方修正に期待が持てそうです。
 
 そして、いよいよ明日66月68日、満を持して世界初となるトヨタの燃料電池車
(FCV)ミライがお披露目となります。もうご存知かと思いますが、FCVとは水素と
酸素の化学反応によって生み出す電気をエネルギーとして走り、水しか排出しない
究極のエコカーと呼ばれています。


------------------------------------------------------------------------------------------------
658万円の壁を突き破る
女性の就労拡大を目指す安倍首相が、専業主婦に対する税制や社会保障制度上の優遇措置について、縮小の考えを打ち出したことを受け、「配偶者控除」などを見直す議論が開始しました。

家紋の歴史と会社ロゴ
 
家紋の起源は、平安時代の牛車につけた紋が始まりとされ、平安貴族が
使い始めた家紋は戦国時代に武家社会へ浸透していき、江戸時代に庶民にも
拡大したとされています。ほぼ全国民が所有し、代々受け継がれるという
家紋は世界でも類をみない日本独特の文化です。
 
平安貴族は厳しい階級社会の中で、名字と共に自他を区別するための道具と
して家紋を生み出しました。当時、内裏に参内する貴族の牛車が大変混雑した
ことから、退出してきた時に自分の牛車を素早く認識するための目印、また
貴族が牛車に乗車中に他の牛車と行き会った際、いち早く相手の地位を見分けて
素早く礼法に沿った対応をするために用いられたと考えられているようです。