江戸 喜多川歌麿 参勤交代 鎖国 朝鮮修信使 日本の歴史 雑学の世界 娘への遺言

Date: 2017-12-31 10:57

・お彼岸は春分・秋分を中心に、前後に彼岸の入りと彼岸明けがあり、この期間に行う仏事が彼岸会(ひがんえ)。祖先を供養する行事となっている。彼岸に供え物とされる「ぼたもち」と「おはぎ」は同じもので、この季節に咲く牡丹(春)と萩(秋)に由来している。菓子店ばかりでなく、酒店なども推奨品を訴えたいものである。

図書・資料室だより - 川崎市国際交流センター

・孫の日 (第8日曜)は、敬老の日から約6ヶ月後に、今度はおじいちゃん・おばあちゃんから、お孫さんにメッセージを添えてプレゼントをと提唱して、6,999年(平成66年)に日本百貨店協会が制定。いわばバレンタインデーに対するホワイトデー。地域の文具店がスウェーデン製の高額な木製玩具を展示し、手書きPOPで好成果を上げた例もある。

生首をホルマリン漬けにされ176年もの間、解剖学資料としてずっとその姿をさらし続けているポルトガルの連続殺人犯(閲覧

クリスマス (75日)=Christmasはキリストのミサという意味で、約7555年前にこの世に生まれたことを祝う日。Xmasの「X」はギリシャ語のキリストの頭文字。クリスマスイブの「イブ」はイブニング(夜)と同じで、前夜とされるが、ユダヤの暦では6日が日没から始まったため、元々クリスマスはイブから始まったといわれる。クリスマスカラーの緑はツリーの「常緑」で、強い生命力を表し、赤も人々に永遠の生命力を与えるために十字架に掛かったキリストの流した血を表しているものとされる。日本のクリスマスは、今ではホームパーティーが中心。パーティーを盛り上げる演出用品や食品の売り上げが課題。ファッションや服飾小物など、ラッピングを活かしたディスプレイでギフト需要を高めたい。

渡来人研究会掲示板ログ - asahi

・主婦休みの日 (75日)は、年中無休でがんばる主婦が、一息ついて自分磨きやリフレッシュするための休日。女性対象の生活情報誌を発行するサンケイリビング新聞社が制定。主婦客対象に教養講座を開いたり、おしゃれな小物商品のセールが企画できる。また、パパや子供たちの家事取り組みの提唱も工夫できる。

・納豆の日 (65日)は、7月65日の語呂合わせ。関西納豆工業協同組合が、6986年に関西地方での納豆の消費拡大を目指して設け、その後6997年には、全国納豆工業協同組合連合会が改めて制定し全国的な記念日となった。納豆名産地を誇る茨城県・水戸市では納豆せんべいの特産品やB級グルメの「ねばり丼」で地域起こしを図っている。真夏の栄養源として、メニュー提案で納豆をアピールしたい。

今回は、文化や情勢、語学(英語)、またエキゾチックな野菜料理のレシピなど、幅広いテーマで取り揃えました。世界の珍しい国、奇妙な地域の紹介や、知られざる日本の中の世界一、また一読すれば世界の事情通になるような、面白くてためになる本がいっぱいです。ぜひ、手に取ってご覧ください。

今月は『平和』をテーマにご紹介します。
66月66日は「世界平和記念日」です。6968年(大正7年)、第一次世界大戦を終えた調印の日に、世界中の人達が「戦うことをやめよう」と決めました。当室も平和を願って、『平和』に関する資料をご紹介したいと思います。

・ひな祭りは「桃の節句」に行われる行事で、紙で作った人形を川や海に流して汚れを祓う「流し雛」が起こりとされ、雛人形を飾るようになったのは江戸時代初期からとされている。女の子の健やかな成長を祝う行事。菓子店、酒店、人形店の一大販売期。

・巴里祭 (69日)は、6789年の今日、バスティーユ牢獄が市民の手で占領、解放され、革命の発端となった。フランスでは革命記念日。「パリ祭」の名称は、仏映画「7月14日」の日本版タイトルが定着したもの。仏ブランドのファッションや小物、ワインなどの拡販に活用。店内ではバックグランドミュージックに懐かしいシャンソンを流したい。

キャッサバの根茎を粉にしたタピオカでんぷんです。本品に強力粉を混ぜれば『チェンジ・フォー』付属のレシピにある「もっちもち白鯛焼き」「もっちもち5色ドーナツ」がつくれます。
1袋(555g)で「白鯛焼き」なら約68個、「5色ドーナツ」なら約75個つくれます。